FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライオーガズムダイエットw

今日は何故か朝から腹筋が痛かったんですよ。

昨日は休みで、珍しくトイレ掃除を徹底的にやって、その後自転車で出かけたので、そのせいかなと思ってたんですが。

さっき理由が分かりました。トイレ掃除をやる前にドライオナをやったからでしたwイクときに体を折るように、というか丸めるような瞬間的な動きを腹中心でやっちゃってて、それで今日腹筋が痛かったんです。

特に催眠オナとかは、我を忘れる度合いが大きいし、人に(音声に)指示されるので自分のさじ加減でやめられないので(そこがまたイイのですがw)、次の日筋肉痛ってパターンは多いです。今回は催眠ではなかったですが。



で、まあタイトルに繋がるんですがw

まあ筋肉痛になってるってことは、いくらかは負荷はかかってるんだろうから、いくらかは筋肉も超回復して、いくらかは代謝もよくなって、いくらかはカロリーも消費してるでしょうけど、だからって別にこれだけじゃやせませんw

女性向け雑誌ではたびたび、セックスorオナニーでキレイにorやせる!みたいな記事がよくあるイメージですが(別に読んだことがあるわけではなくて目に入ってくる限りで)


ドライオナが女性のオナニーと同じものだとすれば、当然ドライでも同じことが言えるはずですよね。


まあ女性の場合もいくらかはカロリー使うだろうしいくらかは女性ホルモンとか出たりするだろうから、(ほんの?)少しはやせたりキレイになったりしてるのかもしれませんが、それがあなたが望むほどかどうかは責任持ちませんよ、ぐらいのことでしょうが。


まあそれはさておき。腹筋痛の原因が判明したとき、少し誇らしいとまで言うと大げさというか馬鹿馬鹿しいですが、ちょっとうれしかったのは事実だったりしますw
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

亀頭攻め後日談

もう結構日にちが空いちゃいましたけど、前々回の記事で、某オナホ(前に商品名出してるので今更伏せても意味ないですがw)を使って亀頭攻めしてドライってみようかな、という話を書きました。


実際やったんですが、結論から言うとドライには不向きでした。



亀頭だけにかぶせるようなタイプなので、気持ちいいかなと思ったんですが、亀頭全体が包まれるので、ピンポイントな気持ちよさじゃなくて全体にもやっと鈍い刺激があるだけでした。

これだったら指の方が気持ちいいです。


よく、痛点の実験で、指先に鉛筆の芯を2本以上あてると、何本あるか分かるけど(点字とかが判別できるので当然ですね)二の腕とか、痛点が集中してないとこだと、まるで一本みたいにしか感じられない、ってやつがあるじゃないですか。

亀頭の痛点がどうなのかは知らないですが(むしろ敏感そう?w)まあ点字を読むような解像度は亀頭にはいらないわけで。
なので、オナホをかぶせても、2本以上の鉛筆をあてても1本としか認識できないみたいに、もやっとした感じしかなくて、やっぱドライ的な亀頭攻めは指でピンポイントでやるべきだなと。


それから何より最大の弱点として、射精方向にどうしても気持ちよくなってしまうという、ドライには天敵ともいうべき問題があります。

ドライの快感と射精の快感を切り離すのには、もう結構熟達してる自信があったんですが、その僕ですら射精方向にきもちよくなっちゃって、「ああもういいや、このまま出しちゃおう」となってしまいました。


とまあ、ここまで書いといて急に営業妨害で訴えられるのが怖くなったわけじゃないですがw 本来と違う、ドライでつかってみたらどうかな、という実験をしてみたところ、あんまこっちには向いてなかったということが分かっただけで、普通に射精するために使うんなら十分に気持ちいいですし(やっぱフォローくさいw


まあここはドライのブログなんで、あえてしつこくドライと繋げますが、唯一ドライオナとオナホが繋げられるとしたら、さんざんドライでイッて、満足した後でオナホで射精してフィニッシュ、という方法が考えられます。


コレの何がいいかというと、まあ非貫通型のものに限られるとは思いますが、中で射精して飛び散らないので、ティッシュで受けたりする必要がなくて、両手が自由になる点ですね。

乳首でも会陰でも、好きなところをさわりながら射精できますし、ドライ後の射精特有の、ぶっ倒れるかのような強烈な倦怠感(普通でも感じますが、ケタが違います)のなか、直後の後処理が比較的ラク(すくなくともすぐティッシュがしみたりすることを心配する必要はない)なので、そのままぶっ倒れていられるわけです。

呼吸と声が気持ちいい

エナジーオーガズムって昔は苦手だったんですよ。呼吸を意識してやる、というのがどうしても苦しい感じがして。


でも最近瞑想(ごっこ?)とかをやるようになって、呼吸に意識を向けるというのが大分ラクになってきたので、エネオナはもうちょっと追求してみようかなと思っています。



というのも、最近腰への振動が気持ちいい、というのに気づきまして。

腰骨をタップするというのも気持ちいいですし、あとそのうち書くと思いますが、ローターとかで体の外側から前立腺だとか腰の中を振るわせるというのも違った気持ちよさがあります。

で、今興味があるのは呼吸や発声の振動を腰に響かせる感じにすると気持ちいいんじゃないか、ということです。


エナオナでは、会陰から腰の中へ空気を吸い上げるようなイメージで呼吸しますが、まあそんな感じで。

イメージ的とか”気”的には上記のような感じですが、物理的には肺に入っていく空気を出来るだけ下に響かせるように、要は腹式呼吸ですね。


で、しゃくりあげるような感じで、泣きじゃくってるような呼吸をすると、体ってもっと振動すると思うんですよね。それが腰に響いてキモチイイ感じ。


声もそうですね。体の大きいオペラ歌手が、体全体を楽器として振動させてアコギの空洞のように「鳴らす」イメージの振動。



そう考えると、なぜキモチイイと呼吸が荒くなったり声が出ちゃうのかというのがよくわかりますよね。前に息を止めると気持ちイイという話を書きました。

息をとめると酸欠で気持ちよくなっちゃう。ので、次からもそれを無意識に覚えててつい息をとめてしまう。というメカニズム。


それと同じで、息を荒くしたり声を出すと体が振動して腰やらに届いて気持ちいい、と。



このへんのことは女性の方が自覚してるかもしれないですね。

つぶやき

ツイッターにしちゃおうかなっていう今日この頃です。

規定とか的に、こんなエロをツイッターでやっちゃってOKなのか良く知らないですが。。



というのもなんだか長い考察とか書けなくなってきて。

読む側かからもそういうのもあんまり求められてるのかどうかもわからないですし。

つぶやきで十分なのかな、とも。




先日のドライオナで、乳首や会陰でさんざんイッた後、亀頭に刺激が欲しい感じがあったので亀頭攻めを久しぶりにやってみました。

亀頭は女性のクリトリスに相当する器官じゃなかろうかと思うんですが、結論から言うと亀頭攻めで射精ではなくドライ的にイクことができました。足の裏とかふくらはぎやももの後ろがピリピリしちゃうような感じでした。


結構亀頭はやっかいというか上級者向けですよね。射精してしまうかもしれない、手が汚れる、十分濡れてないとだめorローションが必要、音がでる、手やペニスがよごれる、刺激が強すぎるetc、、


たまたまこのあいだは、上記のいくつかのデメリットが克服されてた状態だったみたいです。

まず、ドライでさんざんイった後だったので、射精方向とは完全に切り離したドライ方向だけの快感を楽しめました。

これはもうある程度ドライになれてないと難しいかなと思いますね。女性のクリトリスはオナニー入門的な場所ですが、男性がドライオナで攻めるには亀頭は上級者向けになってしまう最大の理由はこれですね。僕も昔は亀頭を刺激すると最終的には射精してしまっていました。


ほかにも、その時はもう乳首とかを攻めまくった後だったので十二分に濡れてましたし、あと今となっては乳首の方が亀頭より敏感なので、亀頭攻めがツラすぎるということもなかったです。


とまあこういう好条件が重なって、亀頭イキ達成です。

というか、こういう快感は前にも何回もやったことはあったのですが、その後結局射精してしまっていたので、あんま「ドライとして」記憶に残ってないだけかもしれないです。


まあともかく、それでその時思いついたのですが、ドライでイッた後、オナホとかで亀頭を攻めまくったらどうだろう、と。

で、ついさっきテンガエッグ買って来ましたw


なんかだーいぶ前に、普通のオナホと、あとテンガのホールか何かは使ったことがあったんですが、エッグは初めてです。


ドライ方向でこういうのを使うというのは初めての試みなので結構楽しみです。明日やってみます。面白かったらレポートします。




やっぱりダラダラ結構長文をかいちゃいました。ツイッターは向いてないかも。。w

ドライセックス

また本編の更新ではなく小ネタで恐縮です^^;


アクセス解析のキーワードを眺めてて、「ドライセックス」というワードが目に留まりました。


検索された方がどういう意図でこのワードを使ってるのかは正確にはわかりませんが、僕はなんかイイなと思いました。


男性にもドライ的な性感があるということが、もっと一般的に広まれば、男女間のセックスにおいても(もちろん男性同士でもいいんですがw)当たり前のように、男性へドライ的な愛撫やエクスタシーありきのセックスが広まるかもしれませんよね。


たとえばフェラなんて昔はかなり変態的な行為で、普通の人はやらないようなことだったかもしれませんが、今ではかなり一般的になっています。そんな感じで。

なんかたまーに一般の世間でも流行る、スローセックスとか、ちょっと前で言えばポリネシアンセックスとか、言葉が先に歩き出す感じの流行り方でもいいから、ドライセックスが流行ると面白いかも。


ただ、そのためはひとつ必須条件があります。それは「アナルへのこだわりをなくすこと」です。

ドライ=アナルという図式は未だ根強い感じがあります。これはやっぱり外す必要があると思います。
やっぱりマニアックな印象を与えると思うので、障壁になると思います。

そもそもドライにおいてアナルは特別な位置を占めるものじゃないと思います。
ほかの多くの性感帯のうちのひとつ。



それから、男性が女性のように体を愛撫されることを覚えると、どう触られると気持ちいいかがわかってくるので、逆に女性を気持ちよくするときにも参考になると思うので、最初は「セックスが上手くなる!」とかのあおり文句もアリかも。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

始めにお読み下さい。
※始めにお読み下さい※

このブログは18禁です。18才未満の方はご遠慮下さい。

このブログはドライオーガズムというアダルトな内容についてのブログですので、そういたったことに興味がない、不快だ、という方もご遠慮下さい。


当ブログはリンクフリーです。特に連絡とかもいりません。
無断転載とかも悪意とかでなければ基本的に歓迎です。

質問などなどコメント欄にお気軽にどうぞ。お手柔らかに~w
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

ドラレポ

Author:ドラレポ
ぼちぼち充実させていきます。
拍手、コメント等もらえると励みになります。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。