FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

ツイッターにしちゃおうかなっていう今日この頃です。

規定とか的に、こんなエロをツイッターでやっちゃってOKなのか良く知らないですが。。



というのもなんだか長い考察とか書けなくなってきて。

読む側かからもそういうのもあんまり求められてるのかどうかもわからないですし。

つぶやきで十分なのかな、とも。




先日のドライオナで、乳首や会陰でさんざんイッた後、亀頭に刺激が欲しい感じがあったので亀頭攻めを久しぶりにやってみました。

亀頭は女性のクリトリスに相当する器官じゃなかろうかと思うんですが、結論から言うと亀頭攻めで射精ではなくドライ的にイクことができました。足の裏とかふくらはぎやももの後ろがピリピリしちゃうような感じでした。


結構亀頭はやっかいというか上級者向けですよね。射精してしまうかもしれない、手が汚れる、十分濡れてないとだめorローションが必要、音がでる、手やペニスがよごれる、刺激が強すぎるetc、、


たまたまこのあいだは、上記のいくつかのデメリットが克服されてた状態だったみたいです。

まず、ドライでさんざんイった後だったので、射精方向とは完全に切り離したドライ方向だけの快感を楽しめました。

これはもうある程度ドライになれてないと難しいかなと思いますね。女性のクリトリスはオナニー入門的な場所ですが、男性がドライオナで攻めるには亀頭は上級者向けになってしまう最大の理由はこれですね。僕も昔は亀頭を刺激すると最終的には射精してしまっていました。


ほかにも、その時はもう乳首とかを攻めまくった後だったので十二分に濡れてましたし、あと今となっては乳首の方が亀頭より敏感なので、亀頭攻めがツラすぎるということもなかったです。


とまあこういう好条件が重なって、亀頭イキ達成です。

というか、こういう快感は前にも何回もやったことはあったのですが、その後結局射精してしまっていたので、あんま「ドライとして」記憶に残ってないだけかもしれないです。


まあともかく、それでその時思いついたのですが、ドライでイッた後、オナホとかで亀頭を攻めまくったらどうだろう、と。

で、ついさっきテンガエッグ買って来ましたw


なんかだーいぶ前に、普通のオナホと、あとテンガのホールか何かは使ったことがあったんですが、エッグは初めてです。


ドライ方向でこういうのを使うというのは初めての試みなので結構楽しみです。明日やってみます。面白かったらレポートします。




やっぱりダラダラ結構長文をかいちゃいました。ツイッターは向いてないかも。。w
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ドライセックス

また本編の更新ではなく小ネタで恐縮です^^;


アクセス解析のキーワードを眺めてて、「ドライセックス」というワードが目に留まりました。


検索された方がどういう意図でこのワードを使ってるのかは正確にはわかりませんが、僕はなんかイイなと思いました。


男性にもドライ的な性感があるということが、もっと一般的に広まれば、男女間のセックスにおいても(もちろん男性同士でもいいんですがw)当たり前のように、男性へドライ的な愛撫やエクスタシーありきのセックスが広まるかもしれませんよね。


たとえばフェラなんて昔はかなり変態的な行為で、普通の人はやらないようなことだったかもしれませんが、今ではかなり一般的になっています。そんな感じで。

なんかたまーに一般の世間でも流行る、スローセックスとか、ちょっと前で言えばポリネシアンセックスとか、言葉が先に歩き出す感じの流行り方でもいいから、ドライセックスが流行ると面白いかも。


ただ、そのためはひとつ必須条件があります。それは「アナルへのこだわりをなくすこと」です。

ドライ=アナルという図式は未だ根強い感じがあります。これはやっぱり外す必要があると思います。
やっぱりマニアックな印象を与えると思うので、障壁になると思います。

そもそもドライにおいてアナルは特別な位置を占めるものじゃないと思います。
ほかの多くの性感帯のうちのひとつ。



それから、男性が女性のように体を愛撫されることを覚えると、どう触られると気持ちいいかがわかってくるので、逆に女性を気持ちよくするときにも参考になると思うので、最初は「セックスが上手くなる!」とかのあおり文句もアリかも。

尾てい骨あたりの快感スポット

あいかわらず更新がとまっててごめんなさい><

せっかく見てくれてる方がだんだんと増えているようなのでがんばって更新したいと思ってます。




前回ちょっとだけ前振りをしたんですが、「ドライをわざと目指さずにドライオナをすると気持ちいいしイキやすい」という話を、具体的に書いていこうと思ったんですが、今回はちょっと時間がないので次回以降にいずれ書きたいと思います。

ついでに今後書く予定の話しを列挙しときますと、「ドライの危険性の話その2」「催眠オナについて」「ドライとおかずの関係~おかずなしでやってみよう~」あたりを書いてみたいなーと思っています。今思いつく限りでは。いつになるかわかりませんが^^;




今日は小ネタ的にちょっとだけ。


以前から、ドライ中に尾てい骨のあたりにじわーっと快感だか気だかが集まってるなと感じることが多いです。

あまりドライ界隈でも語られることは少ないですが、この尾てい骨周辺はもっと注目されてしかるべきな快感スポットなんじゃないかなと思います。

ドライ中に指先でさわさわとフェザータッチするとかなり気持ちいいです。

こういうフェザーで皮膚感覚が気持ちいい場所は皮膚の大きさに比例すると思うのですが(背中とかすごく気持ちいいですよね。なかなか手が届きませんが、、)尾てい骨あたりというか腰は結構広いので気持ちいいです。

それから、もうだいぶイってからという前提がつくのかもしれませんが(その前の段階でやったことはそういえばないので)尾てい骨から、その少し上の腰骨のあたりを、指でかるーくとんとんとタップする感じでやってみると、ちょうど骨を通して前立腺のあたりに振動が届いてまた違った快感があります。

女性だと子宮が振動してるっていう気持ちよさなのかもしれませんね。
便宜的に「前立腺あたり」とよんでいますが、女性の中的な快感=子宮の快感、を、男性の体で感じると「前立腺付近なのかなあ」という言葉で表現していますが、本当はちょっと違うのかもしれません。

前立腺だとちょっと浅いかな、というイメージ。どっちかというと女性のGスポットに対応しているんじゃないかって感じですからね。


まあともかく、腰骨をタップすると気持ちいいです。
強くする必要は全くなくて、「とんとん」と表現しましたが、実際は「ちょんちょん」ぐらい弱めです。
ですが腰骨の硬いところにヒットさせて微細な振動が体の奥に響くような感じで。

あんまりこういうことをしてる人はいないようなので、広まってくれたらいいなと思ってます。

ドライを日本の国技に

また小ネタです。というか思いついただけなんですがw



海外ではドライってどうなんでしょうね。



エネを作ったのはアメリカですが、あんまりアメリカ人がドライにハマるような気がしないんですよねー。



こういうことを突き詰めていくのって日本人ならではなのかもと思うのですが。わりと繊細なワザですしねw



東洋っぽい発想もあると思いますし。





かといって海外サイトを検索するでもなく、深く考察するでもなく、投げっぱなしにするんですがw


まあ覚書として。気が向いたら考えてみたいと思う分野ですw

息を止める

こんばんは。閲覧ありがとうございます。

前回の予告とはやっぱり違う内容になっちゃったんですがwちょっとした小ネタです。




タイトルのまんまです。ドライでイクとき息を止めると気持ちいいですよw





これは女性向けのオナニー指南サイトでみつけた話です。


女性がイクときに息を詰めたり、体の筋肉に力を入れたりすることがあります。



イクときに脳や体が酸欠状態だとより一層気持ちいいらしいです。




自分の実感としてこれは正しいと思います。




で、何度かイクことを経験した人は、経験的に酸欠状態の方が気持ちいいことを、知識ではなくカラダで知ってるらしいです。


それで、イクときにもっと気持ちよくなりたくて、無意識に息を詰めたり筋肉に力を入れて酸素を消費させたりしてしまうそうです。


なので、イクときに今度は意識して呼吸を止めてみるとより気持ちいいとそこには書いてありました。






どこで見たのか覚えてないので出典が示せないのですが、内容だけいただいてドライで応用しちゃいましょうw


ドライでもこれは気持ちいいです。




気持ちいい→つい息を止めたりカラダに力が入る→酸欠になる→気持ちいい→つい息を(略 という無限ループです。


不思議なことに、思ったより苦しくないんですよ。というか、気持ちいいのであんまり息苦しさがわからないというか。






なぜ気持ちいいのかはよく知りません。ランナーズハイ的な現象なのかもしれません。


それか、ここで、「イク」とは、我を忘れるような、頭が真っ白になるような、つまりトランス状態というか、「自分」の意識のリソースの範囲を塗りつぶしてはみ出すような、「自分」とか「我」とかの手に負えなくなる、範疇を超えるような感覚、それが「エクスタシー」だ。

というようなことを書きました。


息を止めるというのはそういう状態に人為的に持ち込むテクだといえると思います。


あと死に近づくというかそういう意味でも「自分」の範疇をこえてしまうような種類の快感。


非常に甘美で魅力的ですが、あまり深入りすると危険な香りもしますねw




もちろんですが、試すときは自己責任で安全な範囲でやりましょう。


ムリは禁物です。あと道具もナシです。自分の意識で止めるだけにしときましょう。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

始めにお読み下さい。
※始めにお読み下さい※

このブログは18禁です。18才未満の方はご遠慮下さい。

このブログはドライオーガズムというアダルトな内容についてのブログですので、そういたったことに興味がない、不快だ、という方もご遠慮下さい。


当ブログはリンクフリーです。特に連絡とかもいりません。
無断転載とかも悪意とかでなければ基本的に歓迎です。

質問などなどコメント欄にお気軽にどうぞ。お手柔らかに~w
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

ドラレポ

Author:ドラレポ
ぼちぼち充実させていきます。
拍手、コメント等もらえると励みになります。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。